教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でダントツでおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%の固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとは使途が教育に関連する費用に限定されたローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクになります。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

低金利な教育ローンと言えば年1.76%(固定金利)で銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

銀行の教育ローンが3から5%、信販系は5から10%なので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円まで融資を受けることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や保護者の年収(所得)によって融資可能な年収の上限額が変わります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので金利は2から3%台と低く設定されています。

融資の限度額は1000万円から2000万円と高めのとなっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合であれば、入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンでいくらまで借りられるかは融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

国の教育ローンの場合、最高350万円です。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは300万円から1000万円程度です。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?普通のカードローンと同じで個人に与えられた限度額の範囲内なら借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

通常のカードローンとどこが違うのかというと使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して届いた書類を記入後、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

高校生の学費といっても私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないなんてことになってしまうと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関ですから、すぐに除籍になることはなく一定の猶予期間が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンが借りれないという人はどういう人でしょうか?なんらかの原因があるはずです。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用の人は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

年収も200万円以上なければ審査を通過することは困難です。

関連ページ