教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノン

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> 教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノン

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノン

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校だけでなく専門学校や予備校などにも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので年に2回金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息のみの返済が可能だったり入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

教育ローンを比較するならランキングサイトの利用がおすすめです。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり電話で資料請求する手間は要りません。

金利や借入可能額など知りたい情報は表になっているので一目で比較ができます。

中には、来店の要・不要やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間については医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金なので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利の計算方法には2つあり固定金利と変動金利があります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンと同じように限度額の範囲内だったら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外に使えないことです。

消費者金融や信販会社に多い商品ですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

借入金額が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる費用が読めない2年目以降にカードローン型を利用できるといった金融機関もあります。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後からの返済となります。

教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

申請者は学生の親であることが多く学費の支払いのために利用することが多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクです。

気を付けなければいけない点として金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

低金利有名な教育ローンと言えば年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

銀行の教育ローンが3から5%、信販系は5から10%なので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの申し込み方を簡単に解説します。

申し込み方法には郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付け完了メールが届くはずですから、必ず確認してください。

メニュー