教育ローンを比較するのであればランキング

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> 教育ローンを比較するのであればランキング

教育ローンを比較するのであればランキング

教育ローンを比較するのであればランキングサイトの利用がおすすめです。

いちいち金融機関を回ったり電話で資料請求する必要もありません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は一覧表になっているので簡単に比較ができます。

中には、来店の要・不要やローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いので是非ご活用ください。

国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利なので安心して利用することができます。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

低い金利として有名な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社のローンよりもお得です。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

高校生の学費が安いとは限りません。

私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?除籍や退学を迫られる可能性もあります。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローンなら低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合このタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

シミュレーションしやすいというメリットがありますが予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

色々な原因があると思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規で働いている人は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上なければ審査をクリアすることは難しいでしょう。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

現在は低金利の時代なので固定金利の方が低リスクと言われています。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金は卒業後からの返済となります。

教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

国の教育ローンは最高350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

メニュー