教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあり

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> 教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあり

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあり

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内であれば借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

通常のカードローンとの違いは教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に多い商品ですが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

高校や大学にかかる学費はもちろんのこと、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

教育ローンもローン契約ですから利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受けるためにはいくつか用意するものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学証明であったり、合格が確認できる通知、入学許可書です。

学生本人が自ら教育ローンを借りるということは基本的にはできないと思われます。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためには借入者が成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育費と言う点では共通ですがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは親御さんなど保護者が借主となるのですが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金の返済は卒業後から開始となります。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行の多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

払えないときの解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

銀行が貸付する教育ローンは一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですしローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中でおすすめは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

メニュー