埼玉りそなの教育ローンについてご紹介しま

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> 埼玉りそなの教育ローンについてご紹介しま

埼玉りそなの教育ローンについてご紹介しま

埼玉りそなの教育ローンについてご紹介します。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品名です。

変動金利になっているので年に2回ほど金利が更新されます。

2017年12月25日現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年、法科大学院は最長16年までとなっています。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンという学びたい方のためのローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中でダントツでおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校に限らず専門学校や予備校などにも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

銀行の教育ローンというものは、一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が低くなる銀行もあります。

ろうきんは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%程度になっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職や年金受給者は借りれません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

非正規で働いている人は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査を通過することは困難です。

教育ローンというローンをご存知ですか?教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

高校や大学にかかる学費はもちろんのこと、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意点は金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

カードローン型と呼ばれる教育ローンをご存知ですか?普通のカードローンと同じで限度額の範囲内だったら自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外に使えないことです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがカードローン型を提供している銀行もあります。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあります。

教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金は在学中には発生しません。

返済開始はいつからかというと、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後になります。

金利が低い教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

銀行の教育ローンは通常3から5%、信販系になると5から10%となりますので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

メニュー