教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> 教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画を立てやすくなりますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

高校生の学費といっても私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

国の教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

国で融資してくれる教育ローンは最大限度額が350万円です。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

進学先が医学部、歯学部などであれば、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが収入証明は必須です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書か通帳のコピーも必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が安くなる銀行もあります。

国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利なので利子の心配はあまりありません。

所得や子供の数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には発生しません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金の返済は卒業後からになります。

教育ローンの比較はランキングサイトの利用がおすすめです。

わざわざ金融機関を回ったり資料請求する手間はかかりません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は表になっているので一目で比較ができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

ろうきんというのは会員が出資を行いお互いを助けあうために設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%台と低く設定されています。

限度額は1000万円から2000万円となっておりローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

会員外の一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に学生への仕送りや下宿代も用途として認められています。

メニュー