ろうきんは会員が出資し会員へのサービ

主婦でも借りれる教育ローンってある?パートでもOK?
■HOME >> ろうきんは会員が出資し会員へのサービ

ろうきんは会員が出資し会員へのサービ

ろうきんは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社のような営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

地方の労金の場合であれば、入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息に関しましては通常、借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分のみの支払が認められている商品もあります。

返済期間は最長20年まで借り入れすることができるというものもあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの大多数はこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴はローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資機関によって差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行の場合、口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利には2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクがないと思われます。

医大などを目標にしている方は、教育ローンでいくらまで借りられるか?という事が気になりますよね。

いくらまで借りられるかは金融機関によって融資額も様々です。

教育一般貸付(国の教育ローン)は最高350万円です。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは300万円から1000万円程度です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の学校もローンの対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意しておきたい点として融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。

教育ローンが借りれないという人はどういう人でしょうか?恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は借りれません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

非正規で働いている人は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

年収も200万円以上なければ審査をクリアすることは難しいでしょう。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

大学や高校のみならず専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利が割引になる銀行もあります。

メニュー