ミニノートの選び方

低価格が魅力のミニノートは、「PCほど機能はいらない、でもネットや情報管理がしたい」というユーザーに最適なツールです。

コンパクトなボディも有用性が高く、外出先での作業に重宝します。

ノートPCなどと比較すると全体的に性能は低いですが、メールやネットを中心に行なうユーザーであれば十分にその役割を担ってくれます。

ミニノートを選ぶ際に、まず気をつけて欲しいのが液晶の大きさと文字のサイズです。

売れ筋のA4型ミニノートの主流は、液晶サイズが15.4型、解像度が1280×800ドットという仕様になっています。

対して、低価格の小型ミニノートは、液晶サイズが7型、もしくは8.9型、10.2型の3タイプが多いようです。

解像度は7型の場合で800×480ドット、他の2タイプが1024×600ドットとなっています。

ミニノートは、解像度が同じで液晶サイズが小さくなると「表示される文字が小さくなる」という特徴があります。

解像度の低い小型のミニノートについては、ウェブを見る際にページが画面内に収まらない場合が多く、快適さ・使用感でA4ノートにやや劣ります。

次に確認して欲しいのがキーボードです。

キーとキーの間隔を意味する「キーピッチ」がミニノートの大きさによって異なり、キーピッチが狭いキーボードは、手が大きい男性の場合使いづらいものが多いので注意してください。

できれば購入する前に実際に店頭で使用して、キーの打ちやすさを確かめておくと良いでしょう。