独立できる資格とは

将来的に独立開業をしたい、そんな人に適した資格もあります。

独立開業系の資格には大きく分けて2種類があります。

資格を取得後しばらく事務所などに勤務して働き、その後独立開業するタイプ。

そしてそれまでビジネスマンとして働き続け、資格の取得とともに専業の仕事として独立開業するタイプです。

前者の代表格は弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、行政書士でしょう。

資格を取得して数年の間は事務所に勤務し、経験と実績を積み重ねたうえで独立開業することになります。

同じようなタイプとしては医師、歯科医師、獣医師も挙げられます。

資格取得に時間がかかり、独学や働きながらの資格取得が困難という共通点があります。

後者の代表格はファイナンシャルプランナーや中小企業診断士などが挙げられます。

ビジネスマンのスキルアップとして取得、基本は企業内で働きながらその資格を活かすことになりますが、将来的には独立開業も機能というタイプの資格です。

これらの資格は独学や働きながら資格取得を目指すことができるというのが大きな特徴となっています。

また独立開業の際にはビジネスマン時代に培った経験や人脈も重要となってきます。

これらは最初から独立開業を見越して取得を目指すタイプと、将来的な選択肢として取得を目指すタイプとして分類することもできるでしょう。

独立開業は多くの人にとっての夢。

それを自分の理想に近い形で実現するためにももっとも相応しい資格を取得するようにしたいものです。