ポジションとは?

金融や投資においては「ポジション」という言葉をよく用います。

ポジション(Position)は直訳すると「持ち場」という意味になりますが、FXなどの市場取引でも、取り引きを行なっている最中には「売り建て」「買い建て」の持ち高をもっていることになりますから、ポジションを持っていることになります。

例えば、FX取引においては日本円からスタートして、海外通貨を「売る」「買う」どちらかの取り引きをスタートする所からはじめると思います。

つまり、取り引きをスタートさせることで「売りポジション」を持つか、もしくは「買いポジション」と持つかのどちらかのポジションを持つわけですね。

そして、利益がある程度確定した所で、持っているポジションを日本円に戻して決済を行ないます。

決済を行なうことで持ち高を手放して、手元には何も残らない状態になります。

ポジションを持っていない状態はスクエアと呼ばれています。

取り引きを行なう際には、ポジションを持っているか、もしくはスクエアな状態か、どちらかの状態になります。

「ポジション」を使った用語はたくさんあります。

例えば新たに持高を作ることは「ポジションメイク」と呼ばれ足り「ポジションを取る」と呼ばれることもあります。

また、持ち高を増やすことは「ポジションを膨らませる」といういわれ方をしますし、持ち高を減らすことは「ポジションを減らす」というように使われます。

また、持ち高を買い越したり売り越したりする状態を「ロングポジション」「ショートポジション」などと使われる事もあるようです。