アクネ菌って何?

ニキビの原因となっているのがアクネ菌ですが、アクネ菌は私達の皮膚にとてもたくさん存在している菌なのだそうです。

アクネ菌が大好きな食べ物はずばり、皮脂。

そう、アクネ菌は私達が分泌している皮脂を好んで食べながら、毛穴の内側で皮脂を分解して脂肪酸にしてくれる役割を持っています。

正常な皮脂分泌を行なうためにはアクネ菌はなくてはならない存在なのですが、ストレスや疲れなど、ちょっとした生活環境の悪化によってアクネ菌が作り出してくれる脂肪酸の質がグンと悪くなってしまいます。

それがニキビの原因となる毛穴のつまりをもたらしているのです。

ニキビ治療を行う場合にはニキビの根本的な原因となっているアクネ菌を退治する方法が有効です。

アクネ菌を退治する方法にはいろいろな方法がありますが、ニキビケアのスキンケアアイテムにはアクネ菌を殺菌しながら肌の消毒を行なう成分が入っている事も多いですし、美容皮膚科や美容外科でのニキビケアでは、光などを使ってアクネ菌を殺菌する方法もあるようです。

ニキビが表われたら、そこにはアクネ菌が大量に増殖しているはずです。

特に赤ニキビのように肌が炎症を起こしている場合には、ニキビ周辺の組織の抵抗力も弱っていますから、アクネ菌の増殖を止める事も簡単ではありません。

そのため、アクネ菌は体内でコントロールするよりも、スキンケアや皮膚科での軟膏、美容皮膚科での光治療など、肌の外側から働きかける治療方法がおススメです。